お金を借りてもいいのだろうか?みんなの意見は?

【お金の貸し借りは借りる側以上に貸す側に責任がある】

例えば消費者金融などにお金を借りるよりは家族や親しい人からお金を借りたほうが利息がなくて良いと思うかもしれませんが、家族同士だと金銭貸借の形がしっかりしていないことが多く、また書類なども作成せず口約束で貸し借りをすることがあるので場合によっては消費者金融よりタチが悪くなる危険性があります。

お金にルーズな人間は、貸し借りという点においてもルーズな人が多いのでそういう人にはたとえ家族だとしても貸さない方が賢明です。

一度お金を貸すとそれに味を占めてお金を返してもいないのにまた借りようとするのもルーズな人の特徴です。

もしそういう人にお金を貸す場合は貸す方にも責任があるわけですからもうそのお金は返ってこないと考えた方が良いでしょう。

そのため貸すお金の額も出来るだけ相手が返せる程度の少ないお金の方が後でトラブルになりにくくなります。

相手の弁済能力が乏しいと感じるならば自分の生活が脅かされるほどの大金を貸すことは絶対にやめましょう。

本来であれば親しければ親しいほどお金を貸してはいけないのです。

お金の貸し借りという行為そのものは、「無償」である愛とは正反対の場所にある行為です。

ですのでお金を借りる場合は他人である消費者金融に借りることが最善かつ最適な方法なのです。

ただ現実問題、家族からお金を貸してほしいと頼まれてきっぱり断ることが出来る人は少ないでしょう。

その場合、貸す側の人は無償だと思って貸すか、キッチリと書類を作って有償の目線でお金を貸すか決めるべきなのです。

「書類を作るなんて嫌な行動だからしたくないけど、お金はちゃんと返して欲しい」というのは、貸す側のお金に対する認識に落ち度があるのです。

お金の貸し借りで書類を作るなどという行為は傍から見るととても保身的で自己中心的な行為のように思えます。

しかしお金を返すことを前提としているならばそういうことはキッチリとやるべきですし後で水掛け論になったりすると余計に気分が悪くなります。

個人レベルでもお金を貸すことへの責任感を消費者金融と同等にしっかり持つべきです。

 
【お金を借りるのは屈辱です。】
私はお金を借りるのが嫌いです。しかし仕方なく借りる事はあります。

・財布を忘れて出勤し、お昼代に困った時。
・過去にお世話になった上司の奥様が亡くなられ、遠方で参列できず、お香典を立替えてもらった。
・友人とスポーツジムに行きロッカーに財布を取りに行くのが面倒だった時。

仕方なく借りなくてはいけなくなった時、職場では後、輩よりも先輩に借りるようにします。

もし貸した後輩は、カツアゲ的な不安に駆られるかもしれないと思うと、気の毒だからです。

そんな事になったり、考えたりするだけでイヤなので、もしもの為に、デスクに5.000円札と3.000円を隠したり、コスメポーチに5.000円札を折りたたんで入れています。

そのお蔭でここ10年は一度も借りたことがありません。

同じくローンも嫌いで、住宅ローン以外は借りたくありません。

車もキャッシュで買っています。私が乗っている庶民的な車でさえ、ローンで買うと、割賦手数料が私の月収を上回わるので、考えられません。

消費者金融で借りるのは一番イヤです。借りずに一生を終えたいです。
借りる前と同じ生活水準で、完済できる見込みがないからです。

今まで生きてきて、消費者金融でお金を借りた人を2人しか知りません。

友達とファミレスに行く為の人、キャバクラで延長したかった人、私ならそんなくだらない理由では、消費者金融どころか、友人にも親にも借りません。

後者のキャバクラで延長したかった人は、私の元夫です。借金が嫌いになった理由はコレです。

2か月返済しないでいると、自宅に督促状が届きます。50万円でした。
月収20万円の夫は、私が居なかったらどうやって返済するつもりだったのでしょう。

仕方なく私が返済し、義理両親に報告し、夫の給料は私が管理し、すべてのカードを解約させ、夫は月5万円の小遣い制となりました。

それから3か月後58万円の督促状が他社から届きました。借金を肩代わりする際に、夫に消費者金融2社の借入履歴と携帯の通話明細を取り寄せさせました。

それから浮気が発覚し、調停離婚しました。消費者金融2社に履歴を発行してもらったおかげで、減額の交渉もなくスムーズでした。

消費者金融会社は本当に困っている人には必要だと思うので、存在は否定しません。

仕事も辞め、親も亡くなり、友人も居なくなったら、私もいつかお世話になるかもしれません。

 
【無利息キャッシングはお得】

すでに、何社ものキャッシング会社で集客力アップの目的もあって、有用な無利息期間サービスを提供しているのです。計算してみると融資からの日数によっては、本来の利息を1円たりとも収めなくてもよくなるのです。

お手軽に利用できるカードローンの審査の内容によっては、本当に必要なのは10万円くらいだとしても、利用者の持っている信用度によっては、自動的に100万円、150万円といったかなり大きな金額の上限額が希望を大きく超えて定められるケースもあるようです。

よく見かけるのは、ご存知のキャッシングとカードローンという二つの言葉だと思っていいのでしょう。二つの相違点はどことどこなんですか?なんて難しい質問もかなり多いのですけれど、細かな点まで比較して言うと、融資されたお金の返済方法が、微妙に差があるくらいしか見つかりません。

キャッシングの審査は、キャッシングならどれを使う場合でも必要であると定められていて、借入をしたい本人の情報を、隠さず正直にキャッシング業者に伝える必要があります。そして必要な項目のチェックを行うなどによって、キャッシングの事前審査をしているわけです。

審査に関して厳しいと思われるのが専業主婦の方ですね。無職の方はもちろん借りれませんが、専業主婦の方の場合ですと旦那さんに収入があるというわけですからね。

ただ、専業主婦の方もお金を借りる事が出来ないというわけではなく、借りる事ができる場合もあります。

お手軽なカードローンの魅力の一つが、365日時間を選ばずに、返済可能な点です。いくらでもあるコンビニのATMを画面を見ながら操作していただくと店舗に行かなくても返済可能。それにオンラインで返済することだってできるようになっているわけです。

手続が簡単な注目のカードローンですけれど、その使用方法を間違えてしまうと、多重債務につながる大きな要因の一つになり得ます。多くの人が使っていてもローンは、お金を借りることであるということをしっかりと心の中に念じてください。

キャッシングを取り扱っている業者の融資にあたっての審査項目は、それぞれのキャッシング会社で厳格さが異なっています。母体が銀行系だと壁が高く、2番目が信販系、流通関連(デパートなど)、最後に消費者金融系の順番で条件が緩くなっているというわけです。

最近は便利な即日融資が可能な、ありがたいキャッシング会社がいくつもできてきています。場合によっては発行されたカードを手にするより先に、審査が完了してあなたの銀行口座に振り込んでもらえます。時間を作ってお店に行かなくても、容易にパソコンを使って可能な手続きなのでぜひ一度確かめてみてください。

よく聞くキャッシングの審査とは、融資を希望している人の返済能力がどの程度かについての審査なのです。申込んだあなた自身の勤務状態や年収によって、本当に新規のキャッシングによる借り入れを承認してもいい相手なのか、そこを事前に審査しているのです。

あまり間を空けずに、何社ものキャッシング会社や金融機関などに、断続的にキャッシングの申込を行った場合については、困り果てて資金調達に走り回っているかのような、よくないイメージになってしまい、結局事前に行われる審査で悪い方に働きます。

どうも現在は、大人気の無利息サービスで融資を行っているのは、いろんな会社の中でも消費者金融のキャッシング限定となっているようです。付け加えれば、間違いなく無利息でのキャッシングをすることができる日数は一定に制限されています。

申し込んだ日に借り入れしたいと希望している資金がキャッシングできる。それが、消費者金融会社に申し込むことになる頼りになる即日キャッシングです。申し込みの際の審査だけでいいからうまく通過すれば、全然待たされることなく望んでいる資金がキャッシング可能なんです!

どのような金融系に属する取扱会社の、カードローンでどんな種類のものなのか、などの点についても気をつけたいです。カードローンごとのメリットとデメリットを知っていただいてから、自分の目的や希望にちゃんと合うカードローン会社はどこか、間違えないように選んで決定しましょう。

申込の際に業者が一番重視している審査条件、それは、申し込んだ本人に関する個人の信用情報です。今までに各種ローンの返済の、遅れや滞納、自己破産した方については、申込んでも即日融資するのはできないようになっています。

近頃よく見かける当日現金が手に入る即日キャッシングで融資可能なキャッシング会社は、予想している数よりも多いのでその中から選ぶことが可能です。どの業者さんも、即日キャッシングによる対応がやれる時間の範囲で、やらなくてはならない契約の事務作業が完了できているということが、利用の条件です。
※参照元:専業主婦でも借り入れできるのか?

妊娠中の便秘に悩んでいます。

結婚5年目にしてついに奥さんが妊娠して子宝に恵まれました。結婚3年目ぐらいまでは、子供は作らずに2人だけで行きたいところに言ったりしていたのですが、4年目ぐらいからそろそろいつできてもいいかなという状況になりました。

でも、その後1年ぐらいは全く出来そうな感じじゃなかったのですが、1年たったあたりにいきなりできたのです。有難い限りです。子供って奇跡ですね。

そんな中、奥さんはずっと妊娠する前から便秘だったので、便秘の漢方を飲んでいました。定期的に病院に行って、漢方を出してもらっていたのです。

最初はドラッグストアなどに売っている下剤を飲んでいたのですが、雑誌かテレビか忘れたのですが、下剤をずっと飲んでいると腸が黒くなってくるというのを見たのです。

それから漢方の方がいいかなということになり漢方を飲むようにし始めました。

でも、妊娠してからその漢方を飲んでいいのか?っていうことを聞いたら、子宮が開く可能性のある漢方らしくて、あまりよくないということが分かり、他の便秘の薬を産婦人科でもらってそれを飲むようになりました。

便秘ってホント辛いですよねー。

本当は妊娠中は便秘に限らず、いろいろな薬を飲まずに過ごしていた方が、生まれてくる子供の為にはいいんだろうとは思うのですが、やっぱり便が何日も出ていない状況のまま過ごすのも、間違いなくいいことではないですので便秘薬を飲んで出すしか仕方ありませんね。

なので、仕方なく今便秘薬を飲んでいる状態です。

何で奥さんは便秘がちなのかなーって考えていたんですが、1つに水分不足というのがあるんじゃないかと思うのです。僕の奥さんは水分をあまりとりません。1日で500ミリのペットボトルを1本ぐらいしか飲んでないのではないかと思うのです。

水分がなくても便がスムーズに出ないというのは聞いたことがありますからね。水分不足な可能性もあるのでもうちょっと水分を取ってもらおうかなって思っています。

あと、なぜか焼肉やしゃぶしゃぶといったようなお肉を食べたときに限って、必ずと言っていいほどその日の夜か翌日にスッキリ便が出るのです。お肉には何か便秘にいい成分みたいなのが含まれているのかもしれませんね。

お肉を食べると便が出るのならば、毎日食べればいいのですが、そんなに毎日お肉を食べることはできませんよね。ちょっとだけ食べればいいというわけではなく、お肉がメインの食事を食べないと出ないので、これがまたちょっと難しいところです。

いろいろ妊娠中の便秘に悩んでいるので調べていたのですが、面白いというか参考になるサイトがありました。⇒便秘解消妊婦

このサイトを作成した人も、妊婦の便秘で悩んでいる人みたいで、このサイトを作成したみたいです。

この人はカイテキオリゴというオリゴ糖を飲むことによって解消しているみたいですね。僕の奥さんにもいいかもしれないので、カイテキオリゴを買ってみようかなと思っています。