収入が少なく借金をしてギャンブルや追っかけをしている。

20代後半独身女性ですが、常に金欠で困っています。
その原因は、少ないお給料と止められない競馬、そして好きなバンドの追っかけです。

高校卒業後は大学進学をせずにすぐフリーターになりました。
色んなバイトをしましたがどれも続かず、現在は週3~4日漫画喫茶で5~6時間程のバイトをしています。
時給850円なので毎月5~6万程度のお給料しか手に入りませんが、実家暮らしなので何とかなっている状況です。

しかしその少ないお給料の中から自分のスマホ代、健康保険・年金を払うと、3万程度しか残りません。
その半分を競馬で溶かしてしまい、残りはハマっているバンドのCDやDVD、ライブのチケットに使ってしまうので全く残らないのです。
掛け持ちをするか正社員になってもっと稼ぎたいと思うのですが、掛け持ちするとライブへいく暇がなくなるし、正社員は資格を持っていないせいか悉く落ちます。
両親にも早く自立しろと急かされていて、かなり焦っています。

まずは競馬を止めれたらいいのですが、これがなかなか難しいのです。
毎週土日は必ず競馬場で直接か、スマホでネット馬券を購入して賭けています。
100円200円程度ならば儲けようと思えばできますが、私はつい一獲千金を狙って1万2万と大金を賭けてしまうのです。
その結果大負けしてしまい、でもこれだけ負けていれば次は必ずもち直すだろうと甘い事を考えてしまいます。

バンドの追っかけもCDやDVDが発売される度に行われるインストアイベントに参加する為に、毎回10枚も20枚も同じ物を買います。
サインや握手会なのですが、どうしても行きたいからと使ってしまいます。
ライブも全通したいと思ってついチケットを買い、その為の遠征費用で大分使ってしまいます。

こうなると3万程度の有り金では足らず、とうとう借金までしてしまいました。お金が無くなったその日にすぐに借りれる消費者金融もあってそういったところで借金をしています。※今日中に借りる
現在30万程度借金があり、両親にバレルと不味いので内緒にしていて毎月必死で返済しています。
でも返済の為にお金を使うと競馬も出来ないしライブも行けないと、自分勝手ですがお金が無く身動きが取れず悩んでいます。
宝くじが当たるか時給の高いバイトや仕事に就ければこんな悩みも解決するのにといつも思っています。

こうやって悩んでいることを書いていると単に自分のやりたい事だけをやって働いていないですね。正社員になるとか、もっと働く時間を増やすとかしないといけませんよね。。。今の子の歳で学歴もきちんとあるわけでもないですし、資格もないので就職先があるのか不安です。かといって、高時給である水商売が私にはできるのか・・・水商売って一見華やかな感じはしますが、頭が賢くなかったらできない仕事だと思うので、私には不向きですし。

やはり一番は安定した職に就くことですね。

娘の子育てについて困っています

私が今困っているのは子育てについてです。
我が家には6歳になったばかりの一人娘がいます。
子育ては悩みが尽きないものだとよく言われますが、私も次々と困った事態に突き当り悩みも尽きません。
一番困っているのは娘の性格です。
よく言えば天真爛漫で活発な子供らしい子供なのですが、悪い意味では落ち着きがなく全く言う事を聞いてくれません。
一人娘と言う事もあり、なるべく甘やかさずに育ててきたつもりなのですが、一度言い出したら引かない性格で、
自分の思い通りにならないと所構わず泣きわめくこともあり、本当に疲れ果ててしまいます。
私と娘の二人だけで出かける時はあまりぐずることもないのですが、夫と一緒の家族3人での買い物やレジャーでは、
毎回と言っていいほど暴れます。
多分夫が娘に対して何かと甘いので、娘も甘えが出ているのだと思いますが毎回同じような状態なので、周りの人の迷惑になるようなスーパーでの買い物や、公共の場所に娘を連れていくのはなるべく控えるようにしています。
同じ年の子を持つママ友にはそのうちに落ち着いてくるから大丈夫だよと言われますが、なかなか気が休まる事がありません。
先日は娘を連れてテーマパークに遊びに行きましたが、疲れたから歩きたくないと言い座り込んでしまったり、ちょっと目を離したすきに勝手に好きなところに行ってしまい迷子になりかけたりと散々でした。
この様な娘の行動を目の当りにすると、今までの私の子育てが間違っていたんだろうかと少々落ち込んでしまいます。
私も娘が暴れたり言う事を聞かないとついつい大きな声で怒ってしまうので、まずどうしてこんな事をするのかと言う事を、
聞くところから始めなくてはいけないなと反省しています。
大人には何でもない事でも、子供にとっては大きな問題と言う事もあるかもしれません。
子育てしていると日常の忙しさから子供の心を考える余裕もなくなりがちになるので、ちょっと立ち止まって娘の気持ちを考えるようにしたいと思います。
これから娘と一緒に母としても成長していけたらいいなと思います。

もう少ししたら私は以前ナースとして働いていたのでまたナースとして復帰したいと考えているのですが・・・娘のことで頭がいっぱいなところもあり、なかなか就職活動ができません((+_+))

ハローワークのサイトを見たりと時間のある時に家で探したりしています。⇒ハローワークナース

一度娘も一緒にハローワークに連れて行ったのですが、遊び場もないし、飽きてしまい娘の暴走が始まったのでもう連れてこれないなと思ったのです”(-“”-)”

いわゆる会社というものは、1人の具合よりも組織全体の都合を重要とするため、よく、納得できないサプライズ人事があるものです。当たり前ながらその当人にはいらだちが募ることでしょう。
基本的に、人材紹介会社や職業紹介会社は、もともとは、はじめての就職ではなくて転職を希望している人が使うところである。なので実際の経験が少なくても2~3年程度はないと残念ながら相手にもしてくれません。
幾度も就職試験を受けていて、非常に残念だけれども採用されないことが続いたせいで、十分にあったやる気が日増しにダメになってしまうということは、用心していても起きることで、気にする必要はありません。
確かに就職活動において、知りたいのは、職場のイメージとかやりがいのある仕事かどうかなど、採用されたらやる仕事の内容などではなく、応募先自体を把握するのに必要な意味合いということだ。
会社説明会というものから出席して、筆記による試験、面談とステップを踏んでいきますが、別のルートとして無償のインターンシップや卒業生訪問、採用担当者との面接による等の働きかけもあります。

内省というものが重要だという人の持論は、波長の合う仕事内容を見つけようとしながら、自分の良い点、心惹かれること、セールスポイントを認識することだ。
バリバリと仕事をやりながら転職活動していく場合、周辺の人達に話を聞いてもらう事自体も難題です。一般的な就職活動に見比べて、考えを聞ける相手はなかなか少ない人数になってしまいます。
どうにか準備のフェーズから面接の過程まで、長い歩みを経て入社の内定までこぎつけたのに、内々定が決まった後の出方を勘違いしてしまっては全てがパーになってしまう。
無関心になったという態度ではなく、どうにかして自分を目に留めて、ひいては内定まで貰った会社には、誠意のこもった応答を心に留めましょう。
給料自体や職場の待遇などが、どんなに良いとしても、実際に働いている状況自体が悪化してしまったら、またしてもよそに転職したくなることもあり得ます。

「希望する会社に対面して、あなた自身という人間を、どれだけ高潔でまばゆいものとして見せられるか」という能力を鍛えろ、ということが大切だ。
新卒ではないなら、「入社の望みがあって、職務経験も蓄積できそうな会社」なら、何はともあれ入社するべきです。小さい会社でも気にしません。キャリアと職務経験を手に入れられればそれでいいのです。
会社の命令に不賛成だからすぐに辞めてしまう。ひとことで言えば、ご覧のような思考の持つ人間に際して、採用の担当者は不信感を感じています。
毎日の応募や情報収集を一旦ストップすることには、問題があることを知っておこう。それは、今なら人を募集をしている会社も応募できるチャンスが終わってしまうケースもあるということです。
一般的に企業というものは働く人に対して、どの位有利な雇用条件で労働してくれるのかと、なるべく早くに企業の具体的な利益に連なる能力を、出してくれるのかだけを期待しているのです。

 

 

お金がなかった時の対処について

学生時代は社会人よりもお金がない時には困るかもしれません。

私は、実家がとてもじゃなく裕福ではなかったですし、どちらかというと貧乏だったので学費ローンっていうのを組んで進学をしました。その返済も自分で半分はしていたので生活は苦しかったですね。

学費ローン⇒こちら
クレジットカードも持っていなかったですし、まず時間がありません。学校に通う事のほかにアルバイトをやっていて、それ以外のことをちょこちょこやるだけで毎日が終わってしまいます。なので、急にお金が必要になってしまったりしても副業をやる暇がないのです。学生なのだから学業が一番で仕方ないとは言えますが、ピンチになった時には苦しいです。
そこで収入は増えないという事でかなり普段から節約をする生活を送っていました。家賃はいきなり減ることはありませんが、生きていくために必ず必要な食費はなるべく減らすように努力をしました。

幸い学食というところがあって、ボリュームの割には値段の安い食事を食べることができました。メニューもたくさんあったので、飽きることなくとても助かったことを覚えています。それから、どうしても必要となってしまうのが散髪代です。洋服代は別にこだわらなければ抑えることができます。着回しやちょっとした工夫でなんとかなります。

しかし髪の毛は放っておいても伸びてしまいます。だからといって伸ばしたままにしていれば自分も周囲も不快に思いますし、これはなかなか困りました。

しかしそれは当時1000円カットというお店がブームになり増えてきたときだったので、すぐに足を運んで散髪代を節約していました。ここはかなり便利ですし、最初にリクエストをすればちゃんとその通りにやってもらえます。時間も10分程ですし、時間も節約することができます。髭剃りは自宅ですればいいですし、洗髪もすぐに帰ってすればいいので何の不自由もありませんでした。
もっとピンチの時には常に中途半端な髪の長さにしておいて、100円ショップで買った散髪用の剃刀で自分で切っていました。整髪料でスタイルはごまかせるので、この方法もあまり人には言えませんでしたがいいやり方だったなあと自分では思ってます。

所費者金融でお金を借りようと考えたこともありました。

期日を超えての返済を続けている場合は、キャッシングについての情報が悪くなってしまって、平均よりも低い額をキャッシングしようとしても、必要な審査で結果が良くなくてキャッシングできないという方が実際にいるのです。
キャッシングで融資がスピーディーに実行できちゃう頼りがいのある融資商品は、かなり多く、もちろん消費者金融業者の貸し付けはもちろんのこと、銀行のカードローンでの融資も、同じように借り入れができるわけですから、即日キャッシングに分類されます。
新しいキャッシングカードを発行するための申込書を始めとした関係書類に、不足や誤りが見つかれば、たいてい再提出していただくか、そうでなくても訂正印が必要となるため、書類は返却されてきてしまいます。本人の自署の書類の部分は、じっくりと確認するなど気を付けましょう。
みんなが知っているメジャーなキャッシング会社の中で大部分については、全国展開の大手銀行本体だとか、大手銀行と関係の深い関連会社とか関連グループのもとで経営管理されており、便利なインターネットによる申込でも対応可能で、返済はどこにでもあるATMを利用しても可能なわけですから、とにかくおすすめなんです。
何らかの理由で即日融資でお願いしたいということであれば、自宅からPCを使っていただいたり、携帯電話やスマートフォンを使えばおすすめです。カードローンの会社の申込ページで申し込むわけです。

厳密ではありませんが、どうも小額(数万から数百万円くらいまで)の融資であり、簡易な審査で貸し付けてもらうことが可能な仕組みになっているものは、キャッシング、あるいはカードローンという単語によって案内されているのを見ることが、大部分を占めていると思えてなりません。
近頃ネットを利用していると一度は使ってみたい即日キャッシングの概要について様々な紹介がされていますが、それ以上のきちんとした申し込みの方法などを掲載してくれているサイトが、ないので利用できないというのが現状です。
嬉しいことに、忙しい方など、インターネットで、画面の表示された簡単な設問項目の入力を終わらせて送信するだけで、借入可能額や返済などについてを、すぐに試算ができるというサービスを実施しているキャッシング会社もあって、キャッシングが初めての方でも申込は、どなたでもすぐにできるから心配はありません。
インターネットを利用できる準備があれば、消費者金融に申し込んで迅速な即日融資を受けさせてもらえる、かも知れません。可能性という言葉を使うのは、事前に必要な審査があって、無事にそれを通過したら、消費者金融で即日融資を受けられるという意味なのです。
この何年かは当日振込も可能な即日融資で対応が可能な、キャッシング会社もあるんです!タイミングによってはカードがあなたのとこに到着するよりも早く、申し込んだ金額が指定口座に振り込んでもらえます。わざわざ申し込みのためにお店に行かなくても、容易にパソコンを使って可能な手続きなので確かめておいてください。

頼りになるキャッシングの申込方法で、ほとんどの方が使っているのは、パソコンやスマホから手続きできるWeb契約という今イチオシのやり方です。融資のための事前審査に通過できれば、契約成立を意味し、ATMさえあれば貸し付けを受けることができるようになるのです。
しっかりとしたキャッシングについての、そしてローンについての最新情報を得ることで、必要のない不安な気持ちや、軽はずみな行動が発生の要因となる問題から自分自身をガードしてください。「知らなかった」というだけで、損することだって多いのです。
キャッシング会社などが従う必要がある貸金業法では、ローン申込書の記入についても規制を受けていて、申しまれたキャッシング会社の担当者によって誤記入の部分の訂正は、できないことになっています。ですから、どうしても訂正が必要なケースでは、誤った記入内容は見え消しになるように二重線を引いて目立つように訂正印を押していただかなければいけないのです。
必要なら金融関係のデータを集めたウェブページを、利用したいただくことによって、当日現金が手に入る即日融資による融資が可能な消費者金融業者を、どこにいても検索して、見つけることだって、叶うのです。
アコムとかプロミスなど消費者金融系に申し込んだ場合は、希望すれば即日融資が可能な場合も多いのです。ただ、消費者金融系の会社でも、会社ごとに定めのある審査はどうしても避けて通れません。

 

 

お金を借りてもいいのだろうか?みんなの意見は?

【お金の貸し借りは借りる側以上に貸す側に責任がある】

例えば消費者金融などにお金を借りるよりは家族や親しい人からお金を借りたほうが利息がなくて良いと思うかもしれませんが、家族同士だと金銭貸借の形がしっかりしていないことが多く、また書類なども作成せず口約束で貸し借りをすることがあるので場合によっては消費者金融よりタチが悪くなる危険性があります。

お金にルーズな人間は、貸し借りという点においてもルーズな人が多いのでそういう人にはたとえ家族だとしても貸さない方が賢明です。

一度お金を貸すとそれに味を占めてお金を返してもいないのにまた借りようとするのもルーズな人の特徴です。

もしそういう人にお金を貸す場合は貸す方にも責任があるわけですからもうそのお金は返ってこないと考えた方が良いでしょう。

そのため貸すお金の額も出来るだけ相手が返せる程度の少ないお金の方が後でトラブルになりにくくなります。

相手の弁済能力が乏しいと感じるならば自分の生活が脅かされるほどの大金を貸すことは絶対にやめましょう。

本来であれば親しければ親しいほどお金を貸してはいけないのです。

お金の貸し借りという行為そのものは、「無償」である愛とは正反対の場所にある行為です。

ですのでお金を借りる場合は他人である消費者金融に借りることが最善かつ最適な方法なのです。

ただ現実問題、家族からお金を貸してほしいと頼まれてきっぱり断ることが出来る人は少ないでしょう。

その場合、貸す側の人は無償だと思って貸すか、キッチリと書類を作って有償の目線でお金を貸すか決めるべきなのです。

「書類を作るなんて嫌な行動だからしたくないけど、お金はちゃんと返して欲しい」というのは、貸す側のお金に対する認識に落ち度があるのです。

お金の貸し借りで書類を作るなどという行為は傍から見るととても保身的で自己中心的な行為のように思えます。

しかしお金を返すことを前提としているならばそういうことはキッチリとやるべきですし後で水掛け論になったりすると余計に気分が悪くなります。

個人レベルでもお金を貸すことへの責任感を消費者金融と同等にしっかり持つべきです。

 
【お金を借りるのは屈辱です。】
私はお金を借りるのが嫌いです。しかし仕方なく借りる事はあります。

・財布を忘れて出勤し、お昼代に困った時。
・過去にお世話になった上司の奥様が亡くなられ、遠方で参列できず、お香典を立替えてもらった。
・友人とスポーツジムに行きロッカーに財布を取りに行くのが面倒だった時。

仕方なく借りなくてはいけなくなった時、職場では後、輩よりも先輩に借りるようにします。

もし貸した後輩は、カツアゲ的な不安に駆られるかもしれないと思うと、気の毒だからです。

そんな事になったり、考えたりするだけでイヤなので、もしもの為に、デスクに5.000円札と3.000円を隠したり、コスメポーチに5.000円札を折りたたんで入れています。

そのお蔭でここ10年は一度も借りたことがありません。

同じくローンも嫌いで、住宅ローン以外は借りたくありません。

車もキャッシュで買っています。私が乗っている庶民的な車でさえ、ローンで買うと、割賦手数料が私の月収を上回わるので、考えられません。

消費者金融で借りるのは一番イヤです。借りずに一生を終えたいです。
借りる前と同じ生活水準で、完済できる見込みがないからです。

今まで生きてきて、消費者金融でお金を借りた人を2人しか知りません。

友達とファミレスに行く為の人、キャバクラで延長したかった人、私ならそんなくだらない理由では、消費者金融どころか、友人にも親にも借りません。

後者のキャバクラで延長したかった人は、私の元夫です。借金が嫌いになった理由はコレです。

2か月返済しないでいると、自宅に督促状が届きます。50万円でした。
月収20万円の夫は、私が居なかったらどうやって返済するつもりだったのでしょう。

仕方なく私が返済し、義理両親に報告し、夫の給料は私が管理し、すべてのカードを解約させ、夫は月5万円の小遣い制となりました。

それから3か月後58万円の督促状が他社から届きました。借金を肩代わりする際に、夫に消費者金融2社の借入履歴と携帯の通話明細を取り寄せさせました。

それから浮気が発覚し、調停離婚しました。消費者金融2社に履歴を発行してもらったおかげで、減額の交渉もなくスムーズでした。

消費者金融会社は本当に困っている人には必要だと思うので、存在は否定しません。

仕事も辞め、親も亡くなり、友人も居なくなったら、私もいつかお世話になるかもしれません。

 
【無利息キャッシングはお得】

すでに、何社ものキャッシング会社で集客力アップの目的もあって、有用な無利息期間サービスを提供しているのです。計算してみると融資からの日数によっては、本来の利息を1円たりとも収めなくてもよくなるのです。

お手軽に利用できるカードローンの審査の内容によっては、本当に必要なのは10万円くらいだとしても、利用者の持っている信用度によっては、自動的に100万円、150万円といったかなり大きな金額の上限額が希望を大きく超えて定められるケースもあるようです。

よく見かけるのは、ご存知のキャッシングとカードローンという二つの言葉だと思っていいのでしょう。二つの相違点はどことどこなんですか?なんて難しい質問もかなり多いのですけれど、細かな点まで比較して言うと、融資されたお金の返済方法が、微妙に差があるくらいしか見つかりません。

キャッシングの審査は、キャッシングならどれを使う場合でも必要であると定められていて、借入をしたい本人の情報を、隠さず正直にキャッシング業者に伝える必要があります。そして必要な項目のチェックを行うなどによって、キャッシングの事前審査をしているわけです。

審査に関して厳しいと思われるのが専業主婦の方ですね。無職の方はもちろん借りれませんが、専業主婦の方の場合ですと旦那さんに収入があるというわけですからね。

ただ、専業主婦の方もお金を借りる事が出来ないというわけではなく、借りる事ができる場合もあります。

お手軽なカードローンの魅力の一つが、365日時間を選ばずに、返済可能な点です。いくらでもあるコンビニのATMを画面を見ながら操作していただくと店舗に行かなくても返済可能。それにオンラインで返済することだってできるようになっているわけです。

手続が簡単な注目のカードローンですけれど、その使用方法を間違えてしまうと、多重債務につながる大きな要因の一つになり得ます。多くの人が使っていてもローンは、お金を借りることであるということをしっかりと心の中に念じてください。

キャッシングを取り扱っている業者の融資にあたっての審査項目は、それぞれのキャッシング会社で厳格さが異なっています。母体が銀行系だと壁が高く、2番目が信販系、流通関連(デパートなど)、最後に消費者金融系の順番で条件が緩くなっているというわけです。

最近は便利な即日融資が可能な、ありがたいキャッシング会社がいくつもできてきています。場合によっては発行されたカードを手にするより先に、審査が完了してあなたの銀行口座に振り込んでもらえます。時間を作ってお店に行かなくても、容易にパソコンを使って可能な手続きなのでぜひ一度確かめてみてください。

よく聞くキャッシングの審査とは、融資を希望している人の返済能力がどの程度かについての審査なのです。申込んだあなた自身の勤務状態や年収によって、本当に新規のキャッシングによる借り入れを承認してもいい相手なのか、そこを事前に審査しているのです。

あまり間を空けずに、何社ものキャッシング会社や金融機関などに、断続的にキャッシングの申込を行った場合については、困り果てて資金調達に走り回っているかのような、よくないイメージになってしまい、結局事前に行われる審査で悪い方に働きます。

どうも現在は、大人気の無利息サービスで融資を行っているのは、いろんな会社の中でも消費者金融のキャッシング限定となっているようです。付け加えれば、間違いなく無利息でのキャッシングをすることができる日数は一定に制限されています。

申し込んだ日に借り入れしたいと希望している資金がキャッシングできる。それが、消費者金融会社に申し込むことになる頼りになる即日キャッシングです。申し込みの際の審査だけでいいからうまく通過すれば、全然待たされることなく望んでいる資金がキャッシング可能なんです!

どのような金融系に属する取扱会社の、カードローンでどんな種類のものなのか、などの点についても気をつけたいです。カードローンごとのメリットとデメリットを知っていただいてから、自分の目的や希望にちゃんと合うカードローン会社はどこか、間違えないように選んで決定しましょう。

申込の際に業者が一番重視している審査条件、それは、申し込んだ本人に関する個人の信用情報です。今までに各種ローンの返済の、遅れや滞納、自己破産した方については、申込んでも即日融資するのはできないようになっています。

近頃よく見かける当日現金が手に入る即日キャッシングで融資可能なキャッシング会社は、予想している数よりも多いのでその中から選ぶことが可能です。どの業者さんも、即日キャッシングによる対応がやれる時間の範囲で、やらなくてはならない契約の事務作業が完了できているということが、利用の条件です。
※参照元:専業主婦でも借り入れできるのか?

妊娠中の便秘に悩んでいます。

結婚5年目にしてついに奥さんが妊娠して子宝に恵まれました。結婚3年目ぐらいまでは、子供は作らずに2人だけで行きたいところに言ったりしていたのですが、4年目ぐらいからそろそろいつできてもいいかなという状況になりました。

でも、その後1年ぐらいは全く出来そうな感じじゃなかったのですが、1年たったあたりにいきなりできたのです。有難い限りです。子供って奇跡ですね。

そんな中、奥さんはずっと妊娠する前から便秘だったので、便秘の漢方を飲んでいました。定期的に病院に行って、漢方を出してもらっていたのです。

最初はドラッグストアなどに売っている下剤を飲んでいたのですが、雑誌かテレビか忘れたのですが、下剤をずっと飲んでいると腸が黒くなってくるというのを見たのです。

それから漢方の方がいいかなということになり漢方を飲むようにし始めました。

でも、妊娠してからその漢方を飲んでいいのか?っていうことを聞いたら、子宮が開く可能性のある漢方らしくて、あまりよくないということが分かり、他の便秘の薬を産婦人科でもらってそれを飲むようになりました。

便秘ってホント辛いですよねー。

本当は妊娠中は便秘に限らず、いろいろな薬を飲まずに過ごしていた方が、生まれてくる子供の為にはいいんだろうとは思うのですが、やっぱり便が何日も出ていない状況のまま過ごすのも、間違いなくいいことではないですので便秘薬を飲んで出すしか仕方ありませんね。

なので、仕方なく今便秘薬を飲んでいる状態です。

何で奥さんは便秘がちなのかなーって考えていたんですが、1つに水分不足というのがあるんじゃないかと思うのです。僕の奥さんは水分をあまりとりません。1日で500ミリのペットボトルを1本ぐらいしか飲んでないのではないかと思うのです。

水分がなくても便がスムーズに出ないというのは聞いたことがありますからね。水分不足な可能性もあるのでもうちょっと水分を取ってもらおうかなって思っています。

あと、なぜか焼肉やしゃぶしゃぶといったようなお肉を食べたときに限って、必ずと言っていいほどその日の夜か翌日にスッキリ便が出るのです。お肉には何か便秘にいい成分みたいなのが含まれているのかもしれませんね。

お肉を食べると便が出るのならば、毎日食べればいいのですが、そんなに毎日お肉を食べることはできませんよね。ちょっとだけ食べればいいというわけではなく、お肉がメインの食事を食べないと出ないので、これがまたちょっと難しいところです。

いろいろ妊娠中の便秘に悩んでいるので調べていたのですが、面白いというか参考になるサイトがありました。⇒便秘解消妊婦

このサイトを作成した人も、妊婦の便秘で悩んでいる人みたいで、このサイトを作成したみたいです。

この人はカイテキオリゴというオリゴ糖を飲むことによって解消しているみたいですね。僕の奥さんにもいいかもしれないので、カイテキオリゴを買ってみようかなと思っています。

忘年会、新年会シーズン

専業主婦2年目の主婦です。
家計を預かっていてお金に一番困るときはやはりイレギュラーな出費が続くときだと思います。
これは少し愚痴に聞こえるかもしれませんが主人の忘年会や新年会シーズンの飲み代が一番お金に困ります。
専業主婦っていうのは基本的にどの方も一ヶ月のお給料の中で家賃、光熱費、食費などを予算立てしてそれ以内に抑えようとがんばってる方が多いと思います。
それが飲み会シーズンになると毎日のように飲み会代を主人にあげなくてはなりません。
だいたいで予算は組みますがやはり2次会に参加したり飲みすぎて電車に乗り遅れてタクシーで帰ってきたりというようなことで毎回オーバーしてしまうのです。
かといってそういう飲み会に参加させないというのは社会人として会社での立場もあるでしょうし、つきあいもあるとおもいますのでそれもどうかとおもうと本当に悩ましいです。
特に突発的に飲み会のお金を催促されると手持ちをもちあわせていないときもあり本当に焦ります。
よく朝のワイドショーなどでもこの話題はもちあげられていたりしますが、やはり誘いを断らせるっていうのは社会人としてよくないという意見が多いように思います。
他の主婦のかたがたは飲み会代とかってどうされているのでしょう。
お小遣いの範囲内でというかたも多いのでしょうか。
でも基本的なお小遣いの範囲に飲み会シーズンの飲み代まで出させるのは少しかわいそうな気もします。
私自身お小遣いはいただいてないですし、主人の給料の中で日々生活できていればいいのですが貯蓄を切り崩すことやどこからかお金をかりてくることはできればしたくないと思っております。
基本的に主人は家庭の貯蓄額も知らないですし、知ろうともしなくまかせっきりなので私の気持ちがゆるむと家計が大変なことになります。
なるべく予算をきっちり決め、家計簿をつけ、日々支出がどれくらいかどこが削れるかを考えながら無駄を省きしめるところはしめてゆるめるところはゆるめてがんばっていきたいです。